学級に活かすボードゲーム〜体験編〜

  • その他
  • 一般
  • 有料
  • 募集中

開催日:2月11日(土)

開催方法:対面

学級に活かすボードゲーム〜体験編〜

教室の中でこのようなことを思ったことはありませんか?
「生徒同士のつながりを深めたい」
「あまり関わっていない生徒同士をつなげたい」
「遊びや休み時間の過ごし方にバリエーションが欲しい」
「学級レクの中で学習につながるものを知りたい」

これらの可能性を広げてくれるのが【ボードゲーム】です。

サイコロを使用するものやカードのみで完結するものなどを、
広義としてボードゲームと呼び、海外では教室に常備している学校も数多くあります。
最近ではゲームの教育的な活用事例も増え、教育現場でのゲームの役割にも注目がされています。

今回の講座では、ボードゲームを教育現場で活用する2名の講師から
小学校の学級での活用の事例紹介や、実際に体験する時間をお送りします。

——————————————————
<ここがポイント!>
下記3点の実践方法を具体的にお伝えします。

①最低限の費用で始められる!ボードゲームのススメ!
授業で活用する意義や休み時間で活用する意義など、ボードゲームを活用した児童の関係作りをご紹介。

②教室にボードゲームを置くなら?
何から取り組んで良いか分からない。
そんなはじめての方のために、ゲームの種類や気をつけたいポイントなどをご紹介。

③実際に体験できる!
講師がオススメするボードゲームを実際に体験することで、目的にそったボードゲームを知ることができます。
——————————————————

皆様のご参加をお待ちしています!

こんな人に参加して欲しい

  • 教員の方(特に小学校教員の方にオススメです)
  • 教育事業に関わる方
  • 若手の教員の方

開催概要

講師上坊信貴 氏 (すたらぼ代表)
小谷 宗 先生(小学校教諭)
開催日時2月11日(土)13:30~16:00
会場関西大学梅田キャンパス
定員40名
受講料2000円(税込)

講師プロフィール

上坊 信貴(うえぼう のぶき)氏
すたらぼ代表
教育学部を卒業後、企業で2年半経験を積んだのち、一般社団法人を共同設立。法人役員として能力開発の教室運営に携わる。2019年に独立し、ボードゲームを中心とした教育事業を開始。現在、ボードゲームによる企業研修をはじめ、習い事の教室運営、小学校〜大学での講座、学校教職員向けの研修も行う。2021年度には立命館小学校のアフタースクールにプログラムを採択された。

小谷 宗(こたに たかし)先生
小学校教諭
1994年和歌山県生まれ。岡山大学教育学部卒業後、和歌山県の小学校教諭として勤務。フォロワー2.7万人を超えるInstagramでは、初任の先生や未来の先生に向けて、教師生活の学びを発信している。共著に『教壇に立つ20代のあなたに伝えたいこと』(東洋館出版社)『クラスの子が前向きに育つ!対話型叱り方』(学陽書房)『困った場面をズバリ解決!指導術 学級経営編』(明治図書)、部分執筆に『授業力&学級経営力2022年4月号』(明治図書)『子供を「育てる」教師のチカラNo.47』(日本標準)がある。

ご注意事項

<申込について>
必ずご参加者様ご自身での事前申し込みをお願いいたします。
お席が限られているため、ご都合が悪くなられてキャンセルされる場合は、事前に事務局へのご連絡をお願いします(※)。
1名で複数のお申し込みはご遠慮ください。
ご都合が悪くなられるなど、代理の方が参加される場合も事前登録、もしくは事務局へご連絡願います。

<お支払いについて>
 基本的にはPeatixにてご入金手続きをお願いしておりますが、請求書の発行も可能です。
 ご希望の方はPeatixページ上の「主催者へ連絡」もしくはメール(edu-umd@ml.kandai.jp)
からご連絡をお願いいたします。

<参加当日について>
新型コロナウイルス感染予防の為、感染対策として必ずマスク着用の上ご参加ください。
会場内およびイベント終了後の勧誘および、営業目的のセールスはお控えください。見つけた場合はご退出いただきます。
内容,登壇者,スケジュール等は、予告なく変更,中止,延期になる場合がございます。

<ご購入済みチケットのキャンセル・返金について>
開催日前日までは、キャンセル返金が可能です。
※当日キャンセルについては、ご返金出来兼ねます。恐れ入りますが、予めご理解・ご協力を賜りますようお願いいたします。

【主催】
関西大学梅田キャンパス
https://www.kansai-u.ac.jp/umeda/

【イベントページに関するお問合せ先】
関西大学梅田キャンパス(平日10-18時)
TEL:06-4256-6816
E-mail:edu-umd@ml.kandai.jp